My Works : これまでの仕事

2017年(平成29年)

Tanka

  • 「時代の危機に立ち上がる短歌」参加者アンソロジー2首 (歌壇 2017-6)
  • 「鳥」を題とする短歌5首 (読売新聞 2017-5-12 夕刊)
  • 「云へない」12首 (歌壇 2017-3)
  • 第三歌集 『山椒魚が飛んだ日』 がAmazon Kindle向け電子書籍になりました (2017-1)

Writing Works etc.

  • リレー随想 憲法とわたし「ひとつの旅を」(新日本歌人 2017-7)
  • 特集:「寺山修司の手紙」を読む 「寺山とソレル」(短歌研究 2017-6)
  • 「沖縄からみた大阪の短歌シーン」(大阪短歌チョップ2 メモリアルブック 2017-2)
  • 大阪短歌チョップ2 トークセッション あつまる、ひろがる 〜短歌の「場」の現場から〜 司会担当 登壇 荻原裕幸氏・田中ましろ氏・石井僚一氏(2017-2-25)
  • 特集:平成短歌の考察 「ネットにおける〈場〉の成長率」(角川短歌 2017-5)
  • 尼崎武歌集『新しい猫背の星』(書肆侃侃房 2017-3)監修および帯文・解説
  • インタビュー「光森裕樹氏に聞く:茂吉全集を電子化したい」 (現代短歌新聞 2017-3)
  • エッセイ「沖縄から見た関西の短歌シーン」 (大阪短歌チョップ2 メモリアルブック)
  • シンポジウム「時代の危機に立ち上がる短歌 今、沖縄から戦争と平和を考える」 大口玲子氏・屋良健一郎氏・吉川宏志氏とのディスカッション登壇 (2017-2-5)
  • 特集:沖縄を詠む「沖縄を詠む視点〜メッセージと詩」 (現代短歌 2017-2)
  • 砂子屋書房ウェブサイト「日々のクオリア」(一首評)担当(一年間 月水金)
  • 東京新聞「光森裕樹の短歌月評」担当(一年間)
    • 6月:「二つの違和」 (2017-6-10)
    • 5月:「大辻隆弘の30年」 (2017-5-13)
    • 4月:「詠む・読む・書く」 (2017-4-8)
    • 3月:「裾野 広げるヒント」 (2017-3-11)
    • 2月:「線引きをするならば」 (2017-2-18)
    • 1月:「まずしい短歌生活」 (2017-1-14)

2016年(平成28年)

Tanka

  • 第三歌集 『山椒魚が飛んだ日』 を上梓 (書肆侃侃房 2016-12-24 ISBN-13: 978-4863852457)
  • 「おむかへに」7首・小文 (角川短歌 2017-1)
  • 「旧盆のあとさき」12首 (角川短歌 2016-11)
  • 「外貨」13首 (角川短歌 2016-10)
  • 歌人の朝餉 1首・小文・写真 (角川短歌 2016-7)
  • 「幡ヶ谷沃野」12首 (歌壇 2016-4)
  • 「Arduino d’Ivreaへの謀叛」10首 (俳句四季 2016-3)
  • 「四角い波紋」12首 (うた新聞 2016-1)

Writing Works etc.

  • 特集:描く短歌 「〈理解がない人〉を考える」 (かばん 2016-12)
  • 誌上歌会 (角川短歌 2016-短歌年鑑)
  • アンケート企画「言葉とは」結果考察「歌人にとっての「言葉」を考える」 (角川短歌 2016-短歌年鑑)
  • 特集:私の誌面批評 「家族と健康、そして後世のために」(現代短歌 2016-11)
  • 大井学『サンクチュアリ』歌集評 「聖域をめぐって」 (うた新聞 2016-11)
  • 季節の秀歌 (梧葉 2016 51号 秋号)
  • 特集:短歌のヒューモア 「朝ちょっとだけ泣く」 (角川短歌 2016-10)
  • ジャパニーズポエム『讃岐典侍日記』 (NHK短歌 2016-10)
  • 特集:特集 夏休みの宿題 戦争と短歌「6月の、それも28日」(現代短歌 2016-9)
  • 杉谷麻衣歌集『青を泳ぐ。』(書肆侃侃房 2017-9)監修および帯文・解説
  • 瀬戸夏子『かわいい海とかわいくない海 end.』歌集評 (角川短歌 2016-8)
  • 名桜大学「沖縄学」ゲスト講師担当「沖縄の短歌――沖縄の詠まれ方から、これからを考える」(2016-7-28)
  • 米川千嘉子『吹雪の水族館』歌集評 「ルンルンと神さまと」 (歌壇 2016-6)
  • うたをよむ「パズルとサイコロと」 (朝日新聞 2016-5-2)
  • 黒瀬珂瀾『蓮喰ひ人の日記』歌集評 「横へ横へと」 (うた新聞 2016-3)
  • 一首評:佐佐木幸綱の一首 (心の花 2016-1)
  • 東京新聞「短歌月評」担当(一年間)
    • 12月:「ふたりの書店員」 (2016-12-10)
    • 11月:「表現者の確信」 (2016-11-12)
    • 10月:「該当作なしを考える」 (2016-10-8)
    • 9月:「偶然短歌と短歌の分析」 (2016-9-10)
    • 8月:「あたらしい短歌とは」 (2016-8-13)
    • 7月:「同じ一首の異なる顔」 (2016-7-9)
    • 6月:「結社をめぐる歯痒さ」 (2016-6-11)
    • 5月:「洞田明子は思った」 (2016-5-14)
    • 4月:「学生短歌会ブーム」 (2016-4-9)
    • 3月:「作品と幸せ」 (2016-3-12)
    • 2月:「構成がもたらすもの」 (2016-2-13)
    • 1月:「新しいアンソロジー」 (2016-1-16)

2015年(平成27年)

Tanka

  • 「蝶と眼帯」12首・小文 (短歌往来 2016-1)
  • 「言の羽を梳く/涙湖」 10首 (角川短歌 2015-11)
  • 「鶴をつなぐ」 7首 (現代短歌 2015-6)
  • 「古都のななとせ」 15首・ミニエッセイ (神楽岡歌会 一〇〇回記念誌 2015-3)
  • 「石敢當をつきぬけて」 30首 (黒日傘 4号 2015-2)
  • 曾禰好忠・恵慶法師・源重之・大中臣能宣朝臣の歌を踏まえた一首とエッセイ (『トリビュート百人一首』 (幻戯書房 2015)

Writing Works etc.

  • アンケート企画「詩情とは」結果考察 (角川短歌 2015-短歌年鑑)
  • 高柳蕗子『短歌の酵母』書評 (角川短歌 2015-11)
  • 川本千栄『樹雨降る』歌集評 「清潔で自然な優しさ」 (短歌往来 2015-11)
  • 河野美砂子『ゼクエンツ』歌集評 「生業と死別」 (うた新聞 2015-11)
  • 二十代・三十代作品評「巧みな疲れ」 (短歌人2015-11)
  • 特集:短歌賞を考える:「骨格を問う」 (角川短歌 2015-6)
  • 特集:雨の歌:「雨と徹底的な外部」 (歌壇 2015-6)
  • 特集:連作を極める:「磁石と暮らす」 (角川短歌 2015-5)
  • 中畑智江『同じ白さで雪は降りくる』歌集評 (角川短歌 2015-5)
  • リレー小論:今、私が表現したいもの:「あなたが私をのっとる前に」 (井泉 2015-3)
  • ながや宏高作品評:「境界の表面張力」 (かばん 新人特集号 2015-3)
  • 時評:「ざぶとんを運ぶ時間、あとがきのあとの時間」(短歌研究 2015-4)
  • 時評:「未刊の辞典、砂の辞典」(短歌研究 2015-3)
  • 時評:「不実、複数参加、ふたつの通貨」(短歌研究 2015-2)
  • エッセイ:「悪魔のつかい」(黒日傘 4号 2015-2)
  • 作品評:十代・二十代歌人特集批評「全盛の紅顔子に寄する評」(塔 2015-1)

2014年(平成26年)

Tanka

  • 「火炎焱燚菊」 7首・小文 (角川短歌 2015-1)
  • 「0歳の質量」 10首 (GANYMEDE 62 2014-11)
  • 「其のひとは」 20首 (短歌研究 2014-10)
  • 「無を煮込む」 5首 (現代短歌新聞 2014-7)
  • 「香煙を射抜く」 10首 (角川短歌 2014-6)
  • 「其のひとを」 50首 (GANYMEDE 60 2014-4)
  • 「冠を正す ――李白「古風 其九」」 7首 (白茅 3号 2014-1)

Writing Works etc.

  • 特集:次代を担う歌人のうた:自選30首・小文 (短歌往来 2015-1)
  • 坂井修一『亀のピカソ』歌集評 「亀のログ・ロゴス・カオス」 (かりん 2015-1)
  • アンケート企画:今年の秀歌集 (角川短歌 短歌年鑑 2015)
  • 連載 試験に出ない短歌の数字 5:短歌結社の5年を数える (tankaful 2014-12)
  • 特集:今年一番印象に残った一首、一冊:「ひとり足りない/もうひとり居る」 (歌壇 2014-12)
  • 新井蜜『鹿に逢ふ』歌集評 「ひかりの円錐のなかで」 (かばん 2014-12)
  • 連載 試験に出ない短歌の数字 4:短歌の新人賞に応募しているのは誰か? (tankaful 2014-11)
  • 宮地しもん『f字孔』歌集評 「f、そして反転したf」 (塔 2014-11)
  • 連載 試験に出ない短歌の数字 3:”みそひともじ”は何文字か?<後編> (tankaful 2014-10)
  • 連載 試験に出ない短歌の数字 2:”みそひともじ”は何文字か?<前編> (tankaful 2014-9)
  • 短歌ポータル tankafulリニューアル。複数執筆者による連載記事の開始
  • 特集:短歌の空想の力:石川美南小論「客席のない舞台」 (歌壇 2014-8)
  • 特集:菱川善夫「「力」という一字の行方」 (短歌研究 2014-5)
  • 馬場あき子『あかゑあをゑ』書評 (うた新聞 2014-5)
  • 結社誌「みぎわ」月集批評担当 (みぎわ 2014-4)
  • 特集:現代新鋭歌人10人競詠 小文と1首 (短歌 2014-3)
  • 南ぬ島石垣空港開港1周年記念ロゴデザイン (2014-2)

2013年(平成25年)

Tanka

  • 「トレミーの四十八色」 50首 (GANYMEDE 59 2013-12)
  • リトルプレス『石垣島 2013』、『Madagascar 2012』発行
  • 「山椒魚が飛んだ日」 30首 (歌壇 2013-9)
  • 「きさらぎの質草」 10首 (角川短歌 2013-3)
  • 第一歌集 『鈴を産むひばり』 がAmazon Kindle向け電子書籍になりました (2013-2)

Writing Works etc.

  • あまねそう歌集「2月31日の空」評「なかったけれどあった歌」 (かばん 2013-12)
  • 新鋭短歌シリーズ出版記念会 トーク・セッション第一部 歌集を出すかもしれないあなたへ ~第一歌集のこれまでとこれから~ (2013-11-30)  加藤治郎・東直子・光森裕樹
  • 短歌トークイベント「本屋で歌集を買いたい」(紀伊國屋書店新宿本店) 配布資料「歌集を出版するということ」 (2013-10-20)
  • 特集:渡辺松男「限りある生への意識をめぐって」 (短歌往来 2013-10)
  • 特集:歌壇の歴史と現在 「無所属を生きるということ」 (短歌 2013-9)
  • 俵万智著『短歌のレシピ』書評「創作現場の視点から」 (短歌研究 2013-8)
  • 第35回かりん全国大会公開講座「若手作品の現在」:パネリスト (2013-7-27)
  • 今橋愛 歌集『O脚の膝』電子書籍化
  • 現代歌人協会公開講座  現代短歌 何をどう歌う2 第3回「私を歌う」(2013-6-19) 司会 佐伯裕子、パネリスト 馬場あき子・外塚 喬・光森裕樹
  • 「バオバブを見に」 (暮しの手帖 2013-5・6月号)
  • 特集 寺山修司とわたし<その2> (短歌研究 2013-6)
  • 短歌あれこれ 「「三月書房」店主様」「心に置く歌」「川のような別れ」「ここで一首!」 (読売新聞 2013-3-4,18,4-1,16)
  • 詩歌梁山泊第3回シンポジウム「詩歌トライアスロン」:パネリスト (2013-4-14)
  • 若手歌人による近代短歌研究 岡本かの子 (短歌 2013-4)
  • ラジオNIKKEI 坪田一男の『大人のラヂオ』文化教養コーナー ゲスト出演 (2013-3-2 アーカイブ:Web, Podcast)
  • 第84回 作品季評・後半 (短歌研究 2013-2) 小島ゆかり氏・佐佐木幸綱氏との作品批評鼎談
  • みぎわ短歌会 平成25年新年歌会:歌評助言役 (2013-1-25)
  • 連載企画「おもしろきこともなき世をおもしろく」第三回目 インタビュー記事 (東京新聞 2013-1-4)
  • 青春の一作「グレート・ギャツビー」 (星座 2013 春号)

2012年(平成24年)

Tanka

  • 電子書籍による第二歌集 『うづまき管だより』 をAmazon Kindleストアにて出版 (2012-11)
  • 「空と呼ぶ」 3首 (うた新聞 2012-11)
  • 「月のむかう」 5首 (現代短歌新聞 2012-11)
  • 「背中の葡萄」 12首 (歌壇 2012-6)
  • 「Ferris wheels in the coffee mill」 8首 (弦 2012-4)

Writing Works etc.


2011年(平成23年)

Tanka

  • 「耳鳴りとMs.Greenwichと」 10首 (角川短歌 2011-11)
  • 「バターとウィスキー」 20首 (短歌研究 2011-10)
  • 「たらしむるもの」 5首 (毎日新聞 2011-7-16)
  • 「あの日、猫になるまで」 10首 (詩客 2011年7月15日号)
  • 「ひとづてのかたち」 5首 (角川短歌 2011-6)
  • 「一ダースほどの青い目薬」 12首 (歌壇 2011-5)
  • 「四月を破る」 5首 (角川短歌 2011-4)
  • 「落ちうる場所で」 7首 (文藝春秋 2011-3)
  • 「うづまき管便り」 15首 (短歌往来 2011-2)

Writing Works etc.


2010年(平成22年)

Tanka

  • 「なんのはなたば」 7首 「ああ苦しいとみんな云ふから」7首 (企画冊子「夢、十夜」 石川美南・佐藤弓生・謎彦・平井弘・光森裕樹)
  • 第一歌集 『鈴を産むひばり』 を上梓 (港の人 2010-8-11 ISBN-13: 978-4896292244)
  • 「水を焼く」 10首 (角川短歌 2010-6)
  • 「迷路図の鰐」 15首 (京大短歌 vo.16 2010-3)
  • 「火の曜日みづの曜日」 13首 (短歌現代 2010-3)

Writing Works etc.


2009年(平成21年)

Tanka

  • 「斯くて冬」 5首 (NHK短歌 2010-1)
  • 「雷龍に乗る」 10首 (角川短歌 2009-11)
  • 「狂はない時計」 10首 (短歌研究 2009-11)
  • 「黄金の馬脚」 12首 (短歌往来 2009-7)
  • 「遠心力と揚羽蝶」 8首 (朝日新聞 土曜夕刊 2009-6-6)
  • 「野あざみの」 5首 (毎日新聞 日曜版 2009-3-1)

Writing Works etc.


2008年(平成20年)

Tanka

  • 2008 :  「検索窓は雪明かりして」 30首 (角川短歌 2008-12)
  • 「空の壁紙」 50首 (角川短歌 2008-11:応募作品)
  • + a crossing 第10回 3首 (島なおみ氏のblogの企画 2008-10-23)
  • 「猫、あかね雲」 9首 (かばん 2008-6)

Writing Works etc.


2007年(平成19年)

Tanka

Writing Works etc.

  • 豊作4号巻頭作品(常磐義昌・澤村斉美)評 (豊作 vol.5)

2006年(平成18年)

Writing Works etc.


2005年(平成17年)

Tanka

  • 「冬の便箋」 7首 (角川短歌 2006-1)
  • 「水と付箋紙」 50首 (角川短歌 2005-11:応募作品)
  • 「君との間に自転車を」 15首 (京大短歌 vol.15 2005-2)
  • 「鈴を産むひばり」 50首 (歌壇 2005-2:応募作品)

Writing Works etc.